トラベラーズノートリフィルの手作りを計画中

01トラベラーズノートレフィル
スポンサーリンク

トラベラーズノートリフィル自作を検討中。現在計画中です。

今年、手帳をトラベラーズノートに決めました。前々から気になっていて、あの革の表紙や雰囲気が気に入りました。

ただし、トラベラーズノートは全体的に値段が高いです^^;(←貧乏性w)

自作できるものなら自作したいということでいろいろと調べてみました。

トラベラーズノートリフィルの構造

まずはトラベラーズノートのリフィルの構造は??どうなっいるのか?

表紙1枚、中表紙1枚、中身16枚です。リフィルの種類によって中身の枚数は違うと思います。

02トラベラーズノートリフィル

紙をホッチキスで綴じているだけじゃないの?というのが本音。自分だけで楽しむなら純正である必要はないかな。

そこで中綴じができるホッチキスを探してみました。

中綴じができるホッチキス リスト

中綴じができるホッチキスはすぐに見つかりました。が、問題は綴じれる枚数。値段に比例して綴じれる枚数も増えるという印象です。

ノヴァス ロングアームステープラーB15

  • 最大とじ枚数:25枚
  • 価格:4000円くらい
  • A3用紙まで中綴じ製本

マックス 中とじ用ホッチキス

  • 最大とじ枚数:約15枚
  • 価格:500円くらい
  • ホッチキスの先が90度くるっと回転するらしい

中綴じホッチキスは価格帯が幅広くいろいろな種類があり迷います。

500円の中綴じホッチキスは失敗が多いなどの口コミが多くあったのでなし。個人的にはノヴァス ロングアームステープラーB15がいいけど値段が値段だけに即決できません。

趣味での利用で値段と機能を考えると↓のホッチキスが現実的かな?

中とじホチキス HD-10DB

綴じれる枚数は15枚とちょっと薄めのリフィルになってしまいますがしっかり綴じれそうです。

ホッチキスに関してはまだまだ悩んでみます。

いる?いらない?裁断機

やっぱり見た目もきれいに作りたい。化粧断ちが安くできるなら・・・ということで、裁断機もみてみました。トラベラーズノートはA4サイズの用紙を二つ折りにして、さらに余った部分をカットしないと作れません。

裁断機もカットできる枚数が多くなれば多くなるほどお値段がアップします。

今回つくるトラベラーズノートリフィルは18枚×2の36枚以上がカットできる裁断機を見てみました。

カール事務器<CARL> ディスクカッター A4 DC-210N

  • 最大カット枚数:コピー用紙40枚
  • 価格:9000 円くらい

大型裁断機 ペーパーカッター

  • 最大カット枚数:コピー用紙400枚
  • 価格:8,500円くらい

400枚カットも40枚カットもほぼおねじ値段というのにはびっくり。裁断機はコピー用紙20枚までならリーズナブルに購入できますが、それ以上は一気にお値段がアップします。だからと言って20枚では2回に分けてカットする必要が出てしまいます。

裁断機をノート作成以外にも使うならいいかもしれないけど、トラベラーズノートの自作だけに9000円はちょっと高いかも。カッターで自力でカットした方がよさそうですね。

セーフティロータリーカッター

グリップを握ったときだけ刃が出る安心設計になっているロータリーカッター。普通のカッターより使いやすそうです。

このロータリーカッターならリーズナブルできれいに裁断できそうなのでロータリーカッターで一度挑戦してみたいと思います。

紙の候補

トラベラーズノートの紙です。紙にこだわるなら・・・と思って紙専門店を覗いてみました。またクラフト紙や表紙のちょっと厚めの紙などいろいろな紙がおいているお店を見てみました。

ペーパー ミツヤマ

本格的な紙屋さんのイメージです。このお店が一番品揃えがよさそうです。おためしで1枚でも購入できるところはうれしい。サンプルとして取り寄せてもいいし、表紙に使う1枚だけ購入もあり。カラーもたくさん選べるので選択肢が広がります。

また、1mm単位で紙を大きくすることもできて、製本後の化粧断ちによさそう。ただ、ショップが見にくいです><

 >> ペーパー ミツヤマ

伝票印刷製本のコンビニ

クラフト用紙、厚めの紙があります。

 >> 伝票印刷製本のコンビニ

細野製本所

細野製本所を見るとメモ帳が欲しくなります。見やすいお店。クラフト紙も厚め・薄めがあります。

上質紙の淡いクリームが気になります。トラベラーズノートと相性がよさそう。

 >> 細野製本所

トラベラーズノートリフィル自作計画のまとめ

03トラベラーズノートリフィル

トラベラーズノートと全く一緒のリフィルを自作しようとは思ってはいませんが見劣りしずぎるようなものは避けたいと思いいろいろとしらべました。

安く作りたい気持ちはあるけど安物買いの銭失いにはなりたくない。

ホッチキス4000円弱、カッター1000円くらいと合計5000円の設備投資で節約するには20冊以上トラベラーズノートリフィルを作る必要があります。無地のリフィルだけでなく毎年のスケジュールも作れば減価償却が早いかもしれないけど・・・。

しっかりきれいに作るためには道具が高い。純正を購入した方が意外に安くなりそうです。

スポンサーリンク
01トラベラーズノートレフィル