愛知県とは全然違う「静岡雑煮」のレシピ

スポンサーリンク

こんにちは。浜屋はまやん(@hamayan8080)です。

お正月にお雑煮って食べていますか?

子供ができてからはお雑煮を食べてません。

現在、子供がまだ二歳と言うこともあり、餅をうまく消化できないけど、大人と一緒のものが食べたい食べたい好奇心がある時期なんですね。ちょっとめんどくさい時期なんです。

さらに、お正月は1月1日しか家にいないし、2日、3日は親戚めぐり、旦那さんも4日から仕事ということもありお雑煮から遠のいています。

お雑煮を食べる機会を失っている状況です。お雑煮自体が嫌いとかじゃないんですよ。

静岡のおぞうに

子供ができる前はお正月にお雑煮を作っていました。冷蔵庫にこんなレシピが貼ってあったんです。

静岡の図にレシピ

ヘビ年の頃に書いたようですね。当時は年賀状を切り紙で作ってました^^

静岡雑煮
  • 水 1200cc
  • 昆布だしの素
  • 醤油 大さじ9
  • 酒 大さじ6
  • 大根
  • 里芋
  • トリ肉
  • 水菜

旦那さんのおじいさんが静岡の出身なので「お雑煮は静岡レシピでないとだめだ」と言われてクックパッドで調べた記憶があります。旦那さんに家族二人なのに大量のお雑煮を作られてしまいました。食べるのが大変です。

静岡のお雑煮は山芋が入っているのでドロっとしています。

底が見えないくらいドロドロで中に何が入っているか目視ができないくらいです。

それに対して愛知県のお雑煮はだし汁におもちを入れたようで透き通った雑煮なんですね。

愛知県生まれの愛知県育ちのわたしには静岡雑煮はあまり…見た目が…好きに…なれません。

はまやんのまとめ

隣の県なのに以外にもレシピや文化が違うのに驚いたのを覚えています。

お雑煮という一つの単語で地域によって中身が違うものって不思議ですね。

でもなぜか正月に餅を入れて食べるというのが共通している。面白い国です。

スポンサーリンク