山車の演技「どんでん」に感動。大田まつり/東海市

スポンサーリンク

東海市の秋祭りのひとつ、大田まつりを見に行きました。

この日わたしははじめて太田まつりに行きました。ものすごい見ごたえありのお祭りに驚きましたよ。間近でみる山車のどんでんには感動しました。

愛知県の山車のお祭りって世界遺産になった半田市や犬山市が有名なんだけど、東海市の太田まつりの山車も見てほしいです。

東海市の太田まつりとは

東海市の大田祭りははもともと無病息災や五穀豊穣を祈願して傘鉾というものを奉納するというのが由来になっています。現在では毎年10月第一週目の日曜日に行われます。土曜日にも行われていますがメインは日曜日です。

場所は名鉄太田川駅から歩いていける大宮神社。午前中は大宮神社で行われます。午後になると移動して夕方太田川駅にきます。わたしが見にったのは大宮神社のお祭りです。大宮神社内にはの大きな御神木が象徴的です。

山車の車庫の大きな戸も今日は開いています。

山車の車庫

ただ、大宮神社には駐車場はないので近くに止めるか、太田川の駅に駐車するかんじです。山車と一緒に太田川まで戻ってくるなら太田川へ駐車するといいです。

大宮神社の中ではすでに4台の大きな山車がいます。お祭り囃子が途切れることなく響いてます。

山車には大きな木の車輪があります。これを動かすんだからものすごい力が必要ですね。

会場には無料でお酒も振る舞われていました。子供にはジュースもあります。ここでパンフレットをもらっておくとタイムスケジュールがわかります。インターネットには詳しいことは書かれていませんでした。

山車のどんでん

お祭りはからくり人形から始まります。山車の上にいるからくり人形が演技をします。

一番すごかったのは習字をするからくり人形。とてもきれいな字で書くんですよ。

山車の上にてからくり人形の演技

からくり人形の演技が終わると何やらはっぴを着た人がからくり人形やスタッフの力料などを片付けをはじめました。どんでんの準備です。

若い男子たちが掛け声といっしょに山車をを持ち上げて動かしました。

そして神社の中央にくると山車の後輪を軸にぐるんと山車を回転させ始めました。中にはお祭ばやしを吹いているちょっと小さい子供達が乗っています。大きな山車を担いでいる若い男子たちの熱気と気迫が伝わってきます。

掛け声とともに山車を動かす若い男子

うわーすごいパワーだ、と思っているところに上から紙吹雪がひらひらと舞い降りてきました。すごい量です。

紙吹雪ととも山車の演技

山車の上に乗っている3人の人が細かい紙吹雪を振らせていたのです。なんてきれいなんでしょう。

なんだか縁起がいい。思わず笑みがこぼれます。

これがどんでん。初めて見た山車の演技「どんでん」に驚き。すごいのヒトコト。

大田まつりのどんでん

盛大に降ってくる紙吹雪を見ているととても心がスッキリとしてきます。

一度に2台の山車がぐるんぐるんとまわり、上からの絶え間ない紙吹雪。そして絶え間ないお祭り囃子。

力強地面が紙吹雪で埋め尽くされています。

山車の軸になった車輪の後と、若い男子の足跡の部分だけ土が見えています。くきれいなおまつりを見たのははじめてでした。

正午になると山車は道路を通って次の場所へと移動します。

ママチェック:子供と行く大田まつり

太田まつりは子供たちも大喜びでした。はじめて見る大きな山車にびっくりしていました。そして吹雪のように降る紙吹雪に子供たちもテンションアップ。そこまでたくさんの人がいるお祭りではなかったのでママもストレスにはなりませんでしたよ。

紙吹雪を帽子でキャッチする子供

  • 屋台などは大宮神社内にはありません。
  • 太田川の駅にたくさんの屋台があります。
  • トイレは仮設で和式

飲み物は無料で振る舞われていますが、食料はありません。

トイレが仮設でしかも和式だったので女の子のトイレには困りました。子供の足で行ける近くのトイレはないのでそこだけ注意です。

Charmingまとめ

太田まつりはまた行ってみたいお祭りです。

夕方には太田川の駅に4台の山車があつまり、4台一度にどんでんをするそう。来年の太田まつりはクライマックスも見てみたいです。

Charming愛知!でした。

スポンサーリンク