何聞かれた?ソフトバンクのMNP予約番号発行の電話内容公開

15softbankのMNP
スポンサーリンク

格安スマホ会社に変更するために、本日ソフトバンクからナンバーポータビリティ(MNP)の予約番号を受け取りました。

ソフトバンクから格安スマホ会社のDMM mobileに変更すると約5000円のスマホ代金節約になります。

 >> スマホ代節約のススメ

ソフトバンクのナンバーポータビリティの予約番号発行の際の電話のやり取りの内容です。

ソフトバンクからのナンバーポータビリティをする方法

ソフトバンク公式サイトにナンバーポータビリティの方法が書かれています。

 >> ソフトバンクから他社へ変更する場合

方法は下記の3つ。

  • ソフトバンクの携帯電話から電話(無料)
  • My SoftBankから(スマホは不可)
  • ソフトバンクショップに行く

ソフトバンクショップに行くことがめんどくさい上に田舎すぎて近くにないので、ソフトバンクに電話をかけてナンバーポータビリティをすることにしました。

電話では何を聞かれた?

ソフトバンクのナンバーポータビリティ専用の電話番号に掛けると機械の音声が流れます。ナンバーポータビリティの予約番号発行に進みます。

お客様確認

ナンバーポータビリティの予約番号発酵の前に、お客様の確認とのことで「電話番号」と「暗証番号」の入力の必要があります。(暗証番号が分からなくなってしまった人はソフトバンクショップへ)

入力後、「確認が取れました」と言って、係の人(人間)につながります。

どこの会社に変更するか?

はじめ、係の人からも電話番号の確認があり、その後「差し支えなければどこの電話会社に変更しますか?」と聞かれます。

ワタシは正直に「DMMモバイル」と答えました。

その後、「一度契約内容を確認します。」と保留になります。

転出費用の確認

保留が解除されると転出にかかる費用の確認に入りました。

  • 転出代金10260円(2年縛りの解約金)
  • ナンバーポータビリティの事務手数料3240円
  • DMMモバイルに移行するための手数料3240円

高いっす。めっちゃ高いっす。

でも2年縛り真っ最中で転出代金10260円払ってでも、スマホ代が月々5000円も安くなるので思い立った時に変更した方が得かと思います。

キャンペーンの紹介

転出にかかる費用に問題ないと答えると、次に「この電話回線のみでのキャンペーンがあります」とキャンペーンの紹介に入りました。

下記の二つから自由に選べるそうです。

  • 機種変更代金30000ポイント
  • 7月末までに機種変すれば2年間月額利用料-1000円

転出の電話を掛けた人のみのキャンペーンなんですよね^^;。何も知らずにスマホを使っていると損ですね。世間ではこのキャンペーンのことを「こじわり(乞食割引)」というそうです。

30000万円も貰えたらちょっと揺らぐかも。しかも転出代金も合わせてると結構な額になります。ボーナス前出しここは出費を押さえたい所です。

が!

もうキャリアからは卒業します。強い意志で卒業です。

「結構です」と答えると、あっさり電話終了。

しばらくしてナンバーポータビリティの予約番号がメールで届きました。

以前の電話対応

実は今回2回目のナンバーポータビリティ予約番号発行の電話です。1回目の電話の際はいろいろと質問攻めにあいました。

  • 格安スマホ会社に変更すると、キャリアメールが使えなくなるけどいいの?
  • 格安スマホ会社に変更すると、サポートのショップがないよ
  • 格安スマホ会社に変更すると、通話代が高くなるよ

などなど。

格安スマホ会社に変更する際は先にメリット・デメリットを抑えておいておくと、電話中にあたふたしずに済みます。

格安スマホ会社に申し込み完了!

無事にナンバーポータビリティの予約番号を受け取ることができました。

電話はそんなに長くなくソフトバンクからのしつこい引き留めはありませんでした。

「お得なキャンペーンあるよ」と「高い転出料金払ってでもスマホ会社を変えるの?」の2点だけは頭の隅に置いておくといいです。絶対聞かれると思われるので!

スポンサーリンク
15softbankのMNP