ブログの更新がスムーズになるライフログの始め方

02ライフログの始め方
スポンサーリンク

ブログの運営に置いて新鮮なネタは不可欠。その時の思った生の感想などをしっかり書き留めていきたいと思いライフログを始めました。

ライフログはスマホアプリや腕にするバンドタイプなどいろいろなアイテムが出ていますが、ワタシが選んだのはアナログな紙のノートです。思いついたことを書きまくってます。

情報は1冊のノートにまとめなさいという本には「とにかく1冊のノートに何でも書け」と書いてありシンプルで分かりやすい方法だなと思い、行動に移せなかったライフログを始めることができました。

ライフログを始めたきっかけ

ライフログはやってみたいなーと思っていましたが、ただなんとなく思っていただけで行動に移せていなかったのです。ライフログを始め用ようと思った理由として、

  • 思いついたアイディアを無駄にしたくない
  • せっかくの思い出を風化させたくない

「アレ?なんだったけ?」とか「あの時食べたグルメはどんな味」とか「ココを工夫すればもっとよくなるはず」などいいアイディア、いい経験をしたとしても後から完全に思い出せるものではないのです。

ブログを飯の種にすると決めてから、その場のリアルな感情をそのままブログに表現したい。

リアルな空気をノートに残すことにしました。

ライフログの始め方

ワタシはライフログをこのように始めました。

まずノートを2冊用意します。

03ライフログの始め方

1冊は今日からのライフログを、もう1冊は昨日までのことを書きます。

今日から始めたいという気持ちと、先週くらいまでの出来事は書いておきたいという二つのわがままからこのようにしました。

昨日までのノートは時系列はばらばらになってもいいから思い出したことを書いていく。

今日からのライフログノートには思ったことを時系列でバンバン書きまくる。

ライフログの始め方は2冊のノートで始めました。今後は1冊のノートに書きまくって行きます。

実際にライフログをやってみて

01ライフログの始め方

まだ数日しか行動してませんが、実際にライフログをやってみて思ったことは、

  • 頭の中がすっきり
  • 目的のある写真を撮るようになった
  • ブログの更新がスムーズ

あれもこれもやらなきゃと頭の中で考えていたのですが、もともと容量のない頭にそんなに入るわけもなく忘れてしまうんですよね。ノートに書くことによって頭の中も整理できて頭の中に覚えておく必要もないのでスッキリしました。

ノートに書いたライフログでブログの更新がスムーズになりました。パソコンの前に座ってすぐにブログの記事作成に取り掛かれるのです。

一見、ノートに書くという行為が時間のロスに見えるのに、それが効率アップの秘訣になるとは不思議な感じ。ノートをパラパラめくって今日はこのネタをブログに書こうと気持ちが楽に更新できるようです。

ライフログの始め方のまとめ

ワタシはメモ帳のようにとりあえず書いています。メモなので文章もめちゃくちゃです。意味不明なことも書いています。

04ライフログの始め方
  • なんでもいいから書く
  • 迷ったら書く
  • 何か感じたら書く

とにもかくにもノートをいつもそばに置いて、思ったことを書いてみてはいかがかでしょうか?未来の自分がそれを見て何かのヒントにするかもしれません。

情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版] 奥野 宣之 (著)
スポンサーリンク
02ライフログの始め方