デジタル一眼レフにすると写真がよくなる?デジタル一眼のデメリット

01一眼レフ
スポンサーリンク

写真がうまく撮れないのはカメラのせいにしていませんか?

やっぱりうまい写真を撮るにはデジタル一眼レフカメラしかない!

そんなことを考えている方はデジタル一眼レフカメラを買って写真を撮ったとしても「あれ?思ってたんと違う」ことになること間違いないでしょう・

高価なカメラを使っても写真はよくならない

写真の旨い下手はカメラのせいではありません。

実際に高価なカメラを買って写真を写しても大して変化はないでしょう。

現在のカメラの画質は進化していてスナップ写真ならコンパクトデジタルカメラでもミレーレスでも一眼レフでもさほど画質は変わらないと思います。

むしろコンパクトデジタルカメラになれている方はデジタル一眼レフカメラを不便に思うこともあるのではないでしょうか?

とくにデジタル一眼レフカメラはコンパクトデジタルカメラと同じように撮影できないので注意です。

デジタル一眼レフカメラのデメリット

よくデジタル一眼レフカメラは背景がぼけるから写真がキレイなんていうイメージがあると思いますが、間違いです。

ピントが合っていないところ全部がぼけるという意味です。失敗写真を載せる人なんていないのでデジタル一眼レフカメラで撮った写真はずべて背景がぼけているように見えているだけです。

カメラの機能や仕組みが分からないうちはピンぼけ写真を連発なんてよくある話。

ほかにもデジタル一眼レフカメラのデメリットはたくさんあります。

  • ピントが思ったところに合わない
  • 重いしでかい
  • レンズに金がかかる
  • シャッター音がする
  • 接写(マクロ)撮影ができない

デジタル一眼レフカメラは1本のレンズでいろいろな撮影ができません。便利に1台で撮りたい場合はコンパクトデジタルカメラの方が有利。

重いしでかいは致命的なデメリットです。だんだんと持っているだけで嫌になることも。

デジタル一眼レフカメラのメリット

デジタル一眼レフカメラは撮りたい瞬間でシャッターが切れるというところがいいところです。液晶モニターがずっとオンになっていないので電池の消耗が少なく電源onの状態にできます。

だからこそシャッターチャンスを逃す確率もぐーんと減ります。

デジタル一眼レフカメラのメリットとは・・・

  • オートフォーカスが早い
  • シャッターを切った時に撮影できる
  • 電源をonにしたままにできる

たとえばサッカー選手がヘディングする瞬間をとらえたい、この場合はコンパクトデジタルカメラでは難しいでしょう。

逆に静止しているものを撮る場合は・・・カメラを変えても劇的な変化はないはないでしょう。

うまく写真を撮るには

うまい写真を撮るには構図を変えること!コレだけです。

  • 上からとったり下からとったり
  • 右に寄せたり左に寄せたり
  • 大きく写したり、小さく写したり

構図だけはカメラを変えても変わりません

デジタル一眼レフカメラに買い替えることを考えるよりまず構図を変えていろいろな写真をとってみましょう。「おっ、コレはいいかも」と思う写真が取れるかもしれません。

スポンサーリンク
01一眼レフ