日本の文化を御朱印で楽しむ!御朱印のススメ

03御朱印
スポンサーリンク

大人の趣味の一つとして御朱印集めはいかがでしょうか?

恥ずかしながら御朱印というものを大人になるまで存在すら知りませんでした。ただ、子供のころには分からない魅力がそこにはあります。

何がきっかけで集め始めたか忘れてしまいましたが、旅に行くときに必ず持御朱印帳を持っていき神社やお寺に行った際は必ず御朱印をもらっています。

これも旅の思い出の一つです。

御朱印とは

まず御朱印とはなんなのでしょうか?

朱印(しゅいん)は、神社や寺院において、主に参拝者向けに押印される印章、およびその印影である。敬称として御朱印(ごしゅいん)とも呼ばれる
ウィキペディアより

観光地の記念スタンプとは違い神社やお寺の方がその場で筆と墨で直筆で書いてくれるのです。

07御朱印

参拝日も一緒に書かれて最後に寺社名や本尊の入った印章をどーんと押されます。

この一つ一つの御朱印が一種の芸術のように感じます。なぜか見入ってしまいます。

11御朱印

お寺の力強い御朱印も神社の繊細な御朱印も何度も見返してしまいます。

どうやって御朱印をもらうのか?

基本的には「朱印所」と書かれているところで御朱印帳を持ってお願いすると御朱印を書いてもらえます。

もし「朱印所」と書かれた場所がなければお守りを売っている場所で「御朱印をお願いしたいのですが・・・」などと聞くと対応してもらえます。

御朱印は参拝の前にお願いしてください。参拝中に書いて頂けます。

御朱印をもらうお値段の基本は300円です。無料ではありません。神社寺院によって値段は異なります。

「お心づけで・・・」と言われたら300円を払えば大丈夫、だと思います。ただし、この場合お釣りはもらえないので注意です。小銭をたくさん持っているとよいです。

御朱印帳とは

01御朱印

御朱印を書いてもらう帳面です。中身はメモ帳のようにはなっていなくてアコーディオンタイプの帳面になっています。紙は厚め。画用紙のようなイメージに近いです。

04御朱印

かわいいものやカッコいいものなど種類はたくさんあり、ネットでも購入することができます。

御朱印帳 goen シリーズ
尚雅堂

ワタシのオススメは実際に足を運んだ神社やお寺での購入をオススメします。

少し大きめな神社やお寺なら販売しています。そしてその新しく買った御朱印帳にその場で「御朱印帳」と書いていただきましょう。

02御朱印

さらに御朱印帳の1ページ目にその神社寺院の御朱印を書いていただくのです。

03御朱印

記念にも思い出にもなります。

御朱印の魅力

06御朱印

日本には国宝、世界遺産の神社やお寺がたくさんあります。

日本の文化を御朱印で楽しむのも面白いかもしれません。

スポンサーリンク
03御朱印