1000円で買った初めての万年筆。構造を知る。

初めての万年筆 (2)
スポンサーリンク

万年筆ってすんげー高価で葉巻を吸っているエリートさんが大きな羽根みたいなので使っているイメージがありました(なに時代のやつさ)。

初心者には高くて手が出ないものだと。手入れも大変そうな印象でした。

今や1000円で売っている万年筆もあるんですね。お手頃価格で万年筆に興味があったのでゲットしました。万年筆、初めてです。

万年筆カクノ

リーズナブルな万年筆はpilotから出ているカクノです。かわいいデザインでカラーもたくさん出ています。

中身はキャップとカートリッジ、説明書が入っています。

初めての万年筆 (3)

持つところがカクカクになっているので持ちやすいです。あと、転がらないのもいい。

初めての万年筆 (4)

カートリッジを装着、万年筆の構造って?

4つの部品を↓の写真の様に組み立てていきます。ただ、ボールペンみたいにインクを装着するだけじゃないんですね(知らんかった)。

初めての万年筆 (5)

カートリッジをペン先いれてインクを充満させないとダメなんです。じゃないとインクが出てこずに書けないままに。

初めての万年筆 (6)

カートリッジを押しているとだんだんと万年筆の先にインクが出てきました。コレってどのくらい出せばいいの?

初めての万年筆 (7)

はじめてやることだったのでどのくらいのインクを出せばいいか分からなくて、インクばポタリ。明らかに出すぎです。(インクを充満させるときは下に紙を置いた方がよさそう)

初めての万年筆 (9)

インクがきれいに出ると余分なインクも出ずに逆さにしてもインクがしたたれてもこずに何とも不思議。子供の頃、お婆ちゃんちの万年筆のインクが充満しているところを触って手が真っ黒になったのを思い出しました。

初めての万年筆 (8)

カクノの専用カートリッジは黒以外にもいろんな色が出ているので集めてみるのもたのしそうです。

初めての万年筆。書いてみた

初めての万年筆です。ペン先は笑顔のマークになっているの。字が下手なのはご愛敬です^^;

初めての万年筆 (10)

すんごい滑らかにペンが進みます。持つところの角度が良くて書き疲れもなさそう。わたしってボールペンだと筆圧が強くてノートがぼこぼこになっちゃうけど万年筆は大丈夫。ハマリそうな書き心地です。

初めての万年筆 (11)

よく「万年筆の裏抜け」という言葉を見ますが、じんわりインクが染みていますね。ノートは選びそうです。

万年筆可のノートや紙をさがして万年筆生活もよさそうです。

安くても万年筆。カクノ

初めての万年筆 (1)

書きやすい万年筆でした。

万年筆をカートリッジから装着するので構造も理解できますね。お勉強になりました。インクがなくなったらカートリッジを交換すればいいのでエコにもなりますね^^

外観がプラスチックだから安いのか。高い万年筆はどこにお金がかかっているんでしょうか?万年筆をちょっと使いたいならコレで十分。

スポンサーリンク
初めての万年筆 (2)