不便は時間の無駄。収納しすぎの失敗例

12ラミー大好き
スポンサーリンク

こんにちは。浜屋はまやん(@hamayan8080)です。

家の中を整理中です。いらないものは捨てて、モノを収納の中に全部入れたいと思ってます。

家の中の整理整頓って本来の目的は過ごしやすい家作りだと思うんだけど、

やっているうちに視野が狭くなってきてちょっと目的がずれてきてきました。

全部収納しなきゃ
全部収納しなきゃ
全部収納しなきゃ

逆に、収納しすぎで不便になったモノがあります。

失敗例:パソコンの収納

パソコン台をなくし、パソコンの収納場所を作って完全に収納しました。家の中をスッキリ見せるためです。パソコン台をなくすことで部屋がさらに広くなりました。

毎日使うときになったらパソコンを出して、セッティングして、使い終わったらいろいろはずして収納する予定でした。

パソコンはセッティングに時間がかかるもの。

わたしの場合パソコンは毎日使うもので、コンセントやマウスなどいちいち取り付ける時間が必要になります。。パソコン本体を使う場所に移動させて、すぐに使えるようになるものではありません。結局出しっぱなしの方が便利だし、時間の無駄も省けます。

収納することで無駄なことをしていたんです。毎日こんなことに時間をかける意味はありません。時間がもったいない。

失敗例:手帳

手帳も収納していました。

手帳には作業の効率化するために今日のやることリストを書いてます。しかし、手帳を収納したことで手帳を出すことがめんどくさくなり見なくなりました。

何のための手帳なのかわかりません。

手帳を収納から出さない、手帳に書いてある予定もやらなくなる、そんなことでは手帳に書く時間も無駄になってしまいます。

収納して手間をかけてしまうことで、本当にやりたいことが出来なくなってしまったんです。

使いたいときに使えない状況を作らない

使いたいときに使えない状況を作ってしまうと本当に無駄が発生してしまいます。

特に毎日使うモノで使うまでに手間がかかってしまうものは収納に入れない方が無駄が省けます。

収納しなきゃという固定観念のようなこだわりで、本当にやりたいことができなくなるのはアホでした。

はまやんのまとめ

収納する事だけに固執して生活しにくい環境にしてしまったら本来の目的からずれてしまいます。

効率アップを考えたり、無駄を無くせるようにバランスのとれた部屋作りをしていきたいです。

スポンサーリンク
12ラミー大好き