1日1ページ手帳EDiT、2016年発売開始。ほぼ日手帳と比較。

1日1ページ手帳 (2)
スポンサーリンク

気になっていた1日1ページ手帳を購入しました。EDiTっていいます。ほぼ日手帳もいいけど、月ごとの目標を書き込めたり、シンプルでたくさん書き込めるEDiTがよさそうだったのでゲットしました。

(昔のだけど)ほぼ日手帳とも比較してみました。

EDiTの中身はシンプル

EDiTは1日1ページたっぷり書ける手帳。大きさはB6、A5とサイズ展開アリ。EDiTの定番はSOUPLE(スープル)モレスキンみたいに表紙と手帳が一体化しています。ハードじゃなくてソフトな表紙でしたよ。

わたしが購入したのはリフィルです。リフィルはカバーがついていなくて厚紙の表紙になっています。家で使うものだし、必要なら後から購入しよう思って。カバーアリナシでも手帳の中身は同じです。(カバーは単体で売っていました)

年間の予定や目標を書くところはこんな↓↓感じでしっかりと計画できます。

1日1ページ手帳 (5)

毎月事にも目標や予定をかくところがあります。こうしたいという目標を書くことで目的達成に大きく近づけるんじゃないかな。

1日1ページ手帳 (4)

1日の予定や日記を書くところ。ページ下にTODOリストがついています。

1日1ページ手帳 (6)

中身はシンプルです。シンプルだけに書く部分がしっかり広くあるところが特徴的です。自由度も高い!

ほぼ日手帳との違いは?

1日1ページっていうとほぼ日手帳が有名。ほぼ日手帳との比較です。

リフィルの価格

  • ほぼ日手帳…2160円
  • EDiT…約1800円

リフィルだけの比較だとEDiTの方が価格は安い。来年度からも続けて使う時の参考に。

サイズ

  • ほぼ日手帳の定番サイズ…文庫本サイズ
  • EDiTの定番サイズ…B6スリム
1日1ページ手帳 (9)

サイズはほぼ日手帳(オリジナル)の方が小さ目。EDiTはB6をちょっとスリムにした大きさです。

構成

年間スケジュールはほぼ日手帳の方が書き込めるスペースが広いです。

1日1ページ手帳 (1)

月間スケジュールは方眼があるほぼ日の方が使いやすそう。

1日1ページ手帳 (11)

1日1ページ

  • ほぼ日手帳…方眼
  • EDiT…罫線
1日1ページ手帳 (10)

ほぼ日手帳の方が「日々の言葉」など書いてあり遊び心があります。EDiTは言葉がない分書く場所は広い。シンプルなEDiTはビジネスでも使えそうです。

1日1ページはEDiT、ほぼ日手帳ともにぱたっと180度開きます。

紙質

  • ほぼ日手帳…超薄い
  • EDiT…しっかりめ

ほぼ日手帳の方が紙が薄いです。EDiTの方が紙がしっかりしています。その分EDiTは重みもあります。個人的にほぼ日手帳の紙の薄さがあまり好きじゃないので重くても紙の厚み感はEDiTの方がスキ。ただ、EDiTは紙が真っ白なので好き嫌いが分かれそう。

ボールペン、サインペン、万年筆で実際に書いてみました。

1 2

紙が薄いほぼ日手帳はすけますね^^;

ほぼ日手帳もEDiTも万年筆が裏抜けすることはなかったです。いい紙だなーという印象。さすがに2000円するだけありますよ。

プライベートならほぼ日手帳、ビジネスならEDiTかな。EDiTの方がほかの人に見られてもミーハー感はでない気がします。

EDiT B6 リフィル 2016
マークス

シンプルでたくさん書き込む1日1ページの手帳や日記帳を探している方はEDiTも要チェックです^^

スポンサーリンク
1日1ページ手帳 (2)