【万年筆初心者注意】絶対にカクノを選んではいけない

IMG_9215
スポンサーリンク

こんにちは。浜屋はまやん(@hamayan8080)です。

カクノを買う理由が「安い」だと、後から後悔するかもしれません。

わたしったら万年筆のことなんにも知らずにカクノを買ってしまいました。

初心者中の初心者中です。ホントニ ナニモ シランカッタ…

万年筆カクノのメリット
  • 安い
  • かわいい万年筆
  • すぐに使える

安いし万年筆の導入によくてなんとなく初心者向きぽいんなんですが、しばらく使っているとこのメリットが急にデメリットに変わりました。

万年筆ってメンテナンスが必要だったりインクの種類が豊富だったりと、いろんな楽しむ要素があるんでね。コレははまる。万年筆を、知れば知るほどいろいろ使ってみたくなります。

万年筆はメンテが必要

万年筆はボールペンよりはやくインクがなくなりました。インクの交換時期はすぐにやってきます。

カクノの万年筆のインクはカートリッジを購入して差し込むだけの簡単作業。カクノのカートリッジも良心価格です。

インク交換時にいろいろと知ることになりました。インクの色です。最初黒が入っていたからまた黒を買ってしまったけど、よく見る万年筆のインクって紺?かな?黒を使った後に紺を使っていいの?とか黒用と紺用の万年筆2本をそろえた方がいいの?とか。

物欲が刺激されます。

コンバーターは夢が広がる

万年筆のインクの補充する時に「コンバーター」という言葉を耳にしました。

コンバーターを使えばは自分の好きにインクを選べて自分で補充します。カートリッジみたいにインクを交換するのではなくて瓶に入ったインクを補充するようです。

万年筆カクノも別売りのコンバーターを使えば使えるようになります。正直なところカートリッジを使い続けるよりコンバーターを使った方が安くなるのではないでしょうか。

コンバーターを使えばいろんなメーカーのインクが使えるようになるんでね。カクノのパイロットだけでなく海外製品のインクも使えるようになるんです。

インクのラインナップはピンからキリまで。

やすいものだと1000円しないから初心者でも全然手がでます。高いものだと1万円以上するものもあります。

レビューを見たら買っている人がいるので驚きです。でも一度は使ってみたいかもって思ったら負けですね。物欲がどんどん上がってきた…

カクノを入り口に万年筆の落とし穴に入る

カクノも安いから試しに使ってみるかー

とずるずるとカクノを入り口に万年筆の世界に入ってしまい、いろいろ知ると結局カクノのかわいいビジュアルがこどもっぽい・安っぽいビジュアルに見えてしまいます。

IMG_9217

「メンテナンスをしないといけないならもっといいや使おうかな。」

「もうちょっとカッコイイ万年筆がいいなぁ」

と、万年筆の世界は広いくて深いです。物欲がどんどん上がってきます。

カクノの機能面がダメではない

ただ、コレだけは言っておかなくてはいけません。

カクノの万年筆としての機能が劣っているわけじゃありません

次の万年筆を使いたくなる理由は、高い万年筆は何が違うのかが気になるから、ただ単に使ってみたいからです。

好奇心旺盛な人は絶対に万年筆は手を出してはいけません。物欲がめちゃめちゃ膨れてしまいます。

はまやんのまとめ

初心者はよくわかずにカクノを買ってしまい、結局カクノじゃない万年筆が気になるし、万年筆のインクもいろいろ使ってみたくなっています。

安いからと思ってカクノを買ってしまうと、カクノでは満足できず次に手を出すことは目に見えています。万年筆は高価なので安い以外の理由がある万年筆を購入することをオススメします。むしろ手に取らないならその方がいいのかもしれません。

いまはまだインクには手を出していないのでここで物欲をストップしたい。節約とかお金の無駄とかじゃなくてもう入ったら出られないことはわかっているからです

浜屋はまやん(@hamayan8080)でしたー。

スポンサーリンク