お掃除ロボットの選び方に注意!デメリットのまとめ

お掃除ロボットのデメリット-min
スポンサーリンク

こんにちは。専業主婦の浜屋はまやん(@hamayan8080)です。

出産直後に買ったお掃除ロボット。先日、バッテリー切れになりました。

まだ購入して2年たってませんよ?スマホよりバッテリー切れになるのが早い。

お掃除ロボットは自宅でバッテリー交換ができないんです。購入店にもっていかないくてはならないという面倒。しかもバッテリー交換に高額請求されました。

お掃除ロボットって確かに便利なんですが、ライフスタイルによってはメリットよりデメリットが大きくなることもあります。

お掃除ロボットのメリット

お掃除ロボットのメリットは1つだけ。

自分が手間暇かけて掃除する必要がない

これだけです。家事の時短には大きく貢献してくれます。ロボットは部屋を2~3回全体を掃除してくれるのでかなりきれいになりますよ。ホコリもすっきりです。

わたしが買ったタイプは東芝の高いやつでした。コンセントなどのコードは勝手に乗り越えてくれます。安いお掃除ロボットを購入すると障害物をぜんぜん乗り越えなかったり毛足の長いじゅうたんを掃除してくれないってこともあるそうです。

お掃除ロボットのデメリット

バッテリー交換の持ちが悪い

お掃除ロボットのバッテリー持ちがわるいです。スマホのバッテリーがすぐになくなるのと同じようにお掃除ロボットもバッテリーがなくなりやすいんですね。

買った直後は部屋を1回の充電で掃除してくれるのに、だんだんと掃除できる時間が減ってきて、部屋の掃除中に充電を挟まないと掃除しきれなくなりました。(充電後勝手に掃除をし始めます。)

バッテリーがダメになるとお掃除ロボットが動かなくなるんです。充電器にさしたままなのにぜんぜん掃除しません。

お掃除ロボットのバッテリー、2年持ちませんでした。

バッテリー交換が「超」高額

わたしが購入したタイプはバッテリー交換を自宅でできないタイプで、バッテリー交換は購入店で行ってくださいとのこと。

その費用、2万円也

引くくらい高額です。新品のいい掃除機が買えちゃいますよ。

仮にバッテリーの交換をしてもまた2年後にバッテリー交換をしないといけないし。また2万払うの!?

自動の掃除機でなくてもいいやって。

メーカーによってはバッテリー交換は自宅でできるものもあるとか。お掃除ロボット購入時には維持費もチェックしないと2年もしないうちに使えなくなってしまいます。

バッテリー交換、バッテリー代、かなり高額出費です。

充電のスペースが必要

コンセントの前にお掃除ロボットの充電のスペースを作らないといけません。部屋のレイアウトによっては家具を移動させたり延長コードでむりくりスペースを作ったりとしなくてはいけません。

わたしの家はそんなに広い家じゃないんでね。スペースが取られてしまいました。

掃除機の中を洗う必要がある

お掃除ロボットの構造上、掃除機の中にゴミがたくさん入らずに毎日のように掃除機のゴミボックスの掃除をしなくてはいけません。コレがめんどくさい。

今まで紙パックの掃除機を使っていたこともあり、掃除機のお手入れはほとんどしたことなかったんです。掃除機を掃除する手間がどうしても面倒を感じしてまいましたね。

すべてのゴミを掃除できない

基本的にお掃除ロボットはほこりなどの細かいゴミは掃除してくれます。

大きなゴミは掃除できないので自分で片づける必要があるんですね。普通の掃除機ならそのまま吸えちゃうよなーとか思いながらゴミ拾いしていました。

2度手間じゃない?とも感じることも。

さらに、わたしの髪って長いうえによく抜けるのでよく部屋に落ちてるんです。お掃除ロボットと長い髪との相性もすこぶる悪いです。掃除機に絡まって取るのが大変でした。

結局、掃除機は必要

お掃除ロボットを購入したとしても、お掃除ロボット一台では完全に掃除する事ができないんです。

トイレとか、洗面所とか、階段とか。

お掃除ロボットは丸いので部屋の角も掃除できないんですよね。

結局、手動タイプの掃除機は必須。お掃除ロボットのない部屋は普通に掃除する必要がありますので。

お掃除ロボットのまとめ

お掃除ロボットはめっちゃ便利ですよ。というか、便利でした。

もう、お掃除ロボットは使わん。と、決意。

維持費を考えるとコスパ悪すぎ!

お掃除ロボット自体が高額なのに、その後のバッテリー交換1回につき2万って…維持費がさらに高額です。

 

もし今、お掃除ロボットを買おうと思っているあなた。お掃除ロボットの購入時に確認するポイントは

  • お掃除ロボットの価格
  • 障害物を乗り越えられるか
  • 維持費
  • バッテリー交換方法

みんながいいよっていうから買うと損します。

掃除機は生活必需品。安い買い物ではないうえに長く使うものです。長い目で見て価格に見合うか要チェック!

スポンサーリンク
お掃除ロボットのデメリット-min