最高級のコーヒー「道」を楽しむ

コーヒー道 (1)
スポンサーリンク

「道」というコーヒーのモニターをさせていただきました。

一見コーヒーとは思えない大胆なパッケージです。お茶って言われた方が納得がいきます。

このパッケージには温かみを感じてもらいたい、並べる場所を選ばない、そして日本人としてのテイストで届けたいという思いがこめられているそう。

天皇皇后両陛下にも振る舞われた最高級のコーヒーブレンドの「道」楽しみます。

コーヒーは毎朝飲んでいますが、いつものコーヒーとはまた一味違うものでした。

天才焙煎士 川上敦久の「MC珈琲」ファンサイト参加中

コーヒー「道」とは

「道」は川上敦久さんがブレンドしたコーヒーです。

川上敦久産という方は天才焙煎士と呼ばれていて未体験なコーヒーの世界に導いてくれるといわれています。

川上敦久本人がお客様に発送するその日の朝に焙煎してお届けしています。ものすごいこだわりを感じます。

コーヒー道 (4)

豆の品質はもちろん、鮮度も一週間以内に仕入れた豆つかいっているそうです。

コーヒー道 (3)

パッケージも品質が損なわないような仕組みになっています。

おいしいコーヒーの淹れ方

毎朝のコーヒーは時間がなくてテキトーに入れています。じっくりと時間をかけて入れると美味しいコーヒーになるそう。ちょっとチャレンジしてみました。

コーヒー豆の分量はコーヒーカップ1杯分に対して10gを目安。3杯分以上一度に入れると美味しくできるんだとか。

コーヒー道 (5)

コーヒーの初心者は沸かしたてのお湯でいれるといいそうです。数滴のコーヒーが落ちてきたら30秒~1分程度蒸らします。淹れることが上手な方であれば、お湯の温度は「68~78℃」が適温です。

コーヒー道 (6)

難しいですね。蒸らすのがじれったくなってきます^^;

香ばしい香りと濃厚な味わい

一口飲むと「濃い!」というのが頭に浮かびました。

コーヒー道 (1)

でも飲みやすいですね。程よく苦みがあり濃厚なコーヒーという印象です。後味に苦みが残る感じはありません。口当たりがまろやかす。

とても香ばしい香りで癒されましたよ^^

スポンサーリンク
コーヒー道 (1)