救急車の呼び方をチェックしておこう!いざというときは突然くる!!

01救急車の呼び方
スポンサーリンク

↓↓緊急の方へ。消防庁から出ているのマニュアルを参考してください↓↓

消防庁の公式マニュアル >> 救急車を上手に使いましょう

 

 

今日、訳あって救急車を呼びました。

明らかにやばい症状、深夜、金曜日で大きな病院は明日やってない、朝までに症状は悪化したら大変。というわけです。

消防庁から出ているマニュアルを救急車で運ばれた後に読んでますが^^;「ためらわずに救急車を呼んでほしい症状」の項目に入っていた症状でした。

救急車を読んだ時の実際の対応をメモしておきます。

救急車を呼ぶ

119」に電話する

119を押してすぐにつながります。「プルル」はなし。すぐに質問が始まります。

救急ですか?火災ですか?

今回は救急だったので「救急です」と回答しました。

住所をお願いします。

郵便番号は言う必要ありません。

○○さんですか?

住所から名前を特定してくれたようです。フルネームで返答しました。

何歳ですか?男性ですか?女性ですか?

症状はなんですか?いつごろからですか?

とりあえずの質問はココまでで、

救急車の手配をしました

救急車の手配をしましたと言われてちょっと一安心です。

救急車が到着するまで

救急車の手配完了後、救急車が到着するまでの間、症状についてのさらに詳しい質問がありました。

  • 応答ができるか、ろれつが回るか。
  • 持病があるか?
  • 同じような症状になったことあるか?
  • かかりつけの病院はあるか?

質問が終わるころに救急車の音が聞こえ始めました。「看病お願いします」と電話が切れました。

準備するもの

救急車が到着するまでに準備しておいた方がのちのちスムーズにコトが進みます。

  • 健康保険証
  • クレジットカード
  • お薬手帳
  • 診察券

とくに健康保険証は必須です。

救急車が来るまでどこの病院か分からない

症状や受け入れ先の状態によって一番近い病院だとは限りません。

救急車が到着した時に
どこの病院に行きますか?
と質問したところ、
決まったら報告します
と言われ救急車の中に入っていきました。

救急車の中でちょっとした診察が終わってから
○○病院へ行きます
と、返答をいただきました。

小さな子供がいて救急車で一緒に行けなかったので助かります。

その後。

ここからは以前に救急車を呼んだ時の話です。(実は今回救急車は2回目です)

救急車を呼んで病人が動けなかったのでタンカで救急車内に運ばれました。

付添人という形で救急車に乗車して病院へ。その時付添人は1人までといわれました。

病院に着いてからすぐに救急の対応をしていただけます。救急室に入って出てくるまで付添人は外で待機です。

その間に親戚関係者に連絡です。

もしもの時に

救急車をいざ呼ぶときになって「何番にかけるんだっけ?」ってなり、^^;そのあとの対応もあたふたしてしまって^^;えっとえっとえーーーっとってなって^^;いろんな人からいろんな質問を受けてもあわわです。

緊急時にスムーズに対応できるように、
消防庁から出ている救急車のマニュアルは家の冷蔵庫に貼っておくといいですね。

消防庁のマニュアルはコチラ >> 救急車を上手に使いましょう

救急車マニュアルはイラスト入りで分かりやすく読むのではなく目で見てわかります。

いざと言う時は突然来ます。

スポンサーリンク
01救急車の呼び方